アジアアロワナ飼育生活

それは、インドネシアやマレーシアの華僑が高値取引されるアジアアロワナの希少価値に目をつけ、安定収入とするために1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始めていたのです。アロワナは縄張り意識が強いのでたくさんは作れないようですが。


アロワナ、数千万年前から基本的なフォルムが変わらない、つまりすでに完成していたこの魚は、単なる観賞魚というにはあまりに荘厳で美しく、他の観賞用の熱帯魚とは一線を画す存在といっても過言ではありません。
『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』は南米に生息しています。オーストラリアに生息するのは『スポッテッッドバラムンディ』と『ノーザンバラムンディ』です。一方、インドネシア、マレーシアに生息するものは『アジアアロワナ』と呼ばれ、世界中の淡水にこれらの五種類が存在します。
世界に五種類存在するアロワナですが、その形こそよく似ているものの、魚の性質や色などがずいぶん異なりますし、サイズも水槽で飼う場合、大きくなるスピードがかなり違うようです。
世界中に存在して、地域によって個性のあるアロワナですが、残念ながらアジアアロワナの野生の個体は現在、日本はおろか世界中で手に入れることはできません。
野生のアロワナ売買禁止その理由は、乱獲による個体数の激減によるものです。日本のような先進国の愛好家に観賞用として高価で売れるために、乱獲で一気に数が減ったのです。
中でもアジアアロワナはマレーシアとインドネシアにしか生息していなく、また自然界での生息数が減少している事から、ワシントン条約(サイテス)によって絶滅危惧種として象徴的に保護される種です。
ところが、数は少ないものの、日本のペットショップでも実はアジアアロワナは買うことができます。

絶滅の危機から救い出すだけではなくて、養殖が成功してよかったことが他にもあります。それは純血種と呼ばれる美しい種類が選んで増やされていったために、それまで手に入りにくかった全身金色の美しい個体が確実に手に入るようになったことです。
アジアアロワナにはその色の違いから5種類のものがあります。一番人気は全身金色の『過背金龍(マレーシアゴールデン)』ですが、そのほかには『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』、そして『紅龍(スーパーレッド)』があります。
これらの養殖アジアアロワナの体内にはすべてマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。日本の国内における売買も届出制となっています。
現在では買うことができるといっても、やはりこのように非常に生産が大変なアジアアロワナ、人気の過背金龍などは30万円をくだらない高級魚です。でも、値段は関係ないと思わせてくれる魅力をもつ魚であるのは冒頭に述べたとおりです。
★⇒アジアアロワナの事なら楽天で・・・コチラです。★


脅威の記憶術

美脚 脚やせなら これで解決!!

あがり症を克服したいなら・・・
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。