アジアアロワナ飼育生活

世界の3箇所の熱帯の川に生息して、地域によってとても個性のあるアロワナですが、誠に残念ながら人気が高かった美しいアジアアロワナの野生の個体は現在、日本はおろか世界中で手に入れることはできません。


アロワナはあるテレビドラマの主人公が飼っていて、ドラマの中の重要なアクセントになっていたり、魚関連以外の雑誌でも取り上げられたりなどで一躍有名になった大型の古代魚ですが、その美しさは比類のないもので、目をひきつけてやみません。
アロワナにはその生産地によって大まかな分類がなされています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。
熱帯の3つの地域に五種類存在するアロワナですが、形こそいずれもよく似ているものの、魚の性質や色などがずいぶん異なりますし、サイズも水槽で飼う場合、大きくなるスピードがかなり違うようです。
このアロワナたちですが、現在、野生のアロワナの一部、特に美しさで定評のあるマレーシアのアジアアロワナは手に入れることが不可能となっています。
野生のアロワナ売買禁止その理由は、乱獲による個体数の激減によるものです。日本のような先進国の愛好家に観賞用として高価で売れるために、乱獲で一気に数が減ったのです。
中でもアジアアロワナはマレーシアとインドネシアにしか生息していなく、また自然界での生息数が減少している事から、ワシントン条約(サイテス)によって絶滅危惧種として象徴的に保護される種です。

アロワナの個体数の激減に目をつけたアジアの原産国の人たち、中でも経済的に敏感な華僑の方たちが1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始め、成功したからです。大きな飼育エリアを必要とするので大変だったようです。
不幸中の幸いなのですが、アジアアロワナのさまざまな美しさは、養殖で純血種交配を繰り返すことでどんどんアップしていきました。それまでめったに出ないとされていた色のアロワナがどんどん増やされつつあります。

マイクロチップを埋め込む、アロワナそのもののサイズがでかい、闘争心が強いために水槽で一定数以上はなかなか飼育できない、美しいものを選別する、などなど、アジアアロワナの養殖は手がかかっています。
養殖できたとは言えども、そういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

オンライントレードを始めるには

ダイエットを効果的に行おう

にきびを防ぐ方法
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。