アジアアロワナ飼育生活

アロワナの個体数の激減に目をつけたアジアの原産国の人たち、中でも経済的に敏感な華僑の方たちが1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始め、成功したからです。大きな飼育エリアを必要とするので大変だったようです。


アロワナはテレビドラマの主人公が飼っていたり、雑誌で取り上げられたりなどで一躍有名になった大型の古代魚ですが、その美しさは比類のないもので、目をひきつけてやみません。

基本が銀色で剣のような、おおまかな形こそよく似ている世各地の熱帯の大型淡水魚のアロワナですが、その生産地によって性格や色合いはずいぶん異なります。たくさん取れる南米のものは元気なのですが、美しくないと言うことで人気は低く、アジアアロワナは逆に希少価値も加わって大人気です。
このように世界中に存在して、地域によって個性の豊かなアロワナですが、残念ながら一番美しいアジアアロワナの野生の個体は現在、日本はおろか世界中で手に入れることはできません。
アジアアロワナの美しさは、どちらかと言えば彼らにとって不幸なことでした。先進国の愛好家に観賞用として高価で売れることから乱獲が後を絶たなかったのです。もともとの生息数も少なかったので激減したのです。
現在ではワシントン条約によって保護される貴重な生物の一部として輸出入に一切の制限をかけられています。当然ながら、野生のアジアアロワナが日本へ新しく来ることはありません。
そのようにサイテスで輸出入がすべて禁止されているはずのアジアアロワナですが、合法的に実は日本のペットショップにも入荷があります。
それは、インドネシアやマレーシアの華僑が高値取引されるアジアアロワナの希少価値に目をつけ、安定収入とするために1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始めていたのです。アロワナは縄張り意識が強いのでたくさんは作れないようですが。
養殖には利点もありました。アジアアロワナの場合、美しいことで知られる種類がさまざまな交雑で維持が難しかったのが、幸か不幸かこの養殖で純血種として確立し、人気を集めています。

アジアアロワナの養殖は確立されたものの、養殖魚と密漁された天然魚を見分けるためのマイクロチップの埋め込みなど、この養殖には大変な手間がかかっています。
ということで養殖とはいえ、華僑の業者から提供されるアジアアロワナは生産管理も大変なことから決して安く手に入る魚ではありません。例えば過背金龍は30万円から300万円と、とんでもない値段です。生きる宝石といってもいい。でも、それだけの魅力がアジアアロワナにはあるのですね。

ヒアルロン酸の研究の歴史は古いです。

ブログアフィリエイトで稼ぐ秘訣

メルマガでのアフィリエイトで稼ぐためには?
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。