アジアアロワナ飼育生活

もちろん、養殖魚と密漁された天然魚を見分けるためのマイクロチップの埋め込みなど、この養殖には大変な手間がかかっています。


アロワナ、それは単なる観賞魚というにはあまりに荘厳で美しく、他の観賞用の熱帯魚とは一線を画す存在といっても過言ではありません。
この古代魚の帝王アロワナですが、淡水魚なのに、不思議なことに世界数箇所の熱帯域に独立に分布しています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。
熱帯の3つの地域に五種類存在するアロワナですが、形こそいずれもよく似ているものの、魚の性質や色などがずいぶん異なりますし、サイズも水槽で飼う場合、大きくなるスピードがかなり違うようです。
これらの世界のアロワナなのですが、人気のアジアアロワナなどの野生種は現在、日本では買うことも売ることもできません。
その理由は、乱獲による個体数の激減によるものです。食用としてよりも観賞用として高価で売れるために、乱獲で一気に数が減ったのです。
現在では有名なワシントン条約によって保護される貴重な生物の一部として世界中あらゆる国家間での輸出入に厳しい制限をかけられています。当然ながら、野生のアジアアロワナが日本へ新しく来ることはありません。
アジアアロワナはもう幻の魚なのでしょうか?だいじょうぶ、じつは日本のペットショップで買うことができるのです。どうしてでしょうか?
このままではいけない、激減するアジアアロワナを何とか絶滅の危機から救おうと、いうわけだけではなくて、どちらかというと愛好家たちにいくらでも高く売れるからという理由で1990年ごろからアジアアロワナの養殖が始まっていたのです。
アジアアロワナにはさまざまなカラーバリエーションがあるので有名です。同じ品種でも個体によって美しいものとそうでないものがありますが、養殖では美しいものが選抜されて育てられたために、今では美しい魚体が確実に手に入ると言う利点があります。
アジアアロワナの色の基本形は次のようになります。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』という、その色と地域で5種類に分類されていますが、希少価値と美しさでその値段は大きく変わります。

現在では買うことができるといっても、やはりこのように非常に生産が大変なアジアアロワナ、人気の過背金龍などは30万円をくだらない高級魚です。でも、値段は関係ないと思わせてくれる魅力をもつ魚であるのは冒頭に述べたとおりです。

★⇒アジアアロワナの事なら楽天で・・・コチラです。★


オンライントレードを始めてみませんか?

インプラント治療とは何でしょう?

古代魚 アジアアロワナの魅力
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。