アジアアロワナ飼育生活

アジアアロワナは不幸なことにその類まれな美しさゆえに、観賞用として高価で売れることから乱獲が後を絶たなかったのです。もともとの生息数も少なかったので激減したのです。



個体数の多い『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』は南米、アマゾン川流域などに生息しています。雨季には森中で木の上に避難している虫をジャンプして捕食する姿が見られます。オーストラリアに生息するのは『スポッテッッドバラムンディ』と『ノーザンバラムンディ』です。一方、インドネシア、マレーシアに生息するものは『アジアアロワナ』と呼ばれ、世界中の淡水にこれらの五種類が存在します。
どれもよく似た形の世界のアロワナですが、食生の違いなどがあるのでしょうね、その性質や色などは生産地によってずいぶん異なりますし、人気のあるなしも捕獲される地域によって大きく異なります。
現在、野生のアロワナの一部、特に美しさで定評のあるアジアアロワナは困ったことに手に入れることが不可能となっています。
アジアアロワナは美しく、もともと生息地域が狭かったので個体数が少なかったことも災いして、観賞用の乱獲であっという間に絶滅の危機にさらされました。
このため、アジアアロワナは一切の捕獲そのものが禁止されている絶滅危惧種となっています。あまりそういう意識のない貧乏な漁民による密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見されればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。
ところが面白いことにですね、実はじつは、アジアアロワナは日本に定期的に輸入され、販売されているのです。ペットショップで合法的に買えます。
インドネシアやマレーシアの華僑がアジアアロワナの希少価値に目をつけ、輸出のための安定供給が目的で1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始めていたのです。養殖がうまく行ったとはいってもアロワナは縄張り意識が強いのでたくさんは作れないようですが。
不幸中の幸いなのですが、アジアアロワナのさまざまな美しさは、養殖で純血種交配を繰り返すことでどんどんアップしていきました。それまでめったに出ないとされていた色のアロワナがどんどん増やされつつあります。
アジアアロワナにはその色の違いから5種類のものがあります。一番人気は全身金色の『過背金龍(マレーシアゴールデン)』ですが、そのほかには『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』、そして『紅龍(スーパーレッド)』があります。
もちろん、養殖魚と密漁された天然魚を見分けるためのマイクロチップの埋め込みなど、この養殖には大変な手間がかかっています。
ということで養殖とはいえ、華僑の業者から提供されるアジアアロワナは生産管理も大変なことから決して安く手に入る魚ではありません。例えば過背金龍は30万円から300万円と、とんでもない値段です。生きる宝石といってもいい。でも、それだけの魅力がアジアアロワナにはあるのですね。

中学受験を考えている方へ

中性脂肪を理解しよう

日帰り温泉を満喫しよう
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。