アロワナ、その美しさと荘厳さにおいては群を抜いている魚です。

アロワナ、その美しさと荘厳さにおいては群を抜いている魚です。他の熱帯魚とは同等に扱うこともできないほど威厳と迫力のある魚であることは誰もが認めることでしょう。
この古代魚の帝王アロワナですが、淡水魚なのに、不思議なことに世界数箇所の熱帯域に独立に分布しています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。

これらの世界のアロワナなのですが、人気のアジアアロワナなどの野生種は現在、日本では買うことも売ることもできません。
買うことができなくなった理由は、乱獲による個体数の激減によるものです。食用としてではなくて、観賞用として高価で売れるために、乱獲で一気に数が減ったのです。
このため、今では野生のアジアアロワナは絶滅危惧種として一切の捕獲そのものが禁止されています。密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見されればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。

アジアアロワナの個体数の激減に目をつけた原産国の漁業関係者やディーラーの、特に華僑の方たちが1990年ごろからアジアアロワナを含む希少種の魚の養殖を始め、成功し、軌道に乗ったからです。大きな飼育エリアを必要とするので大変だったようです。
何種類かの色が知られているアジアアロワナの場合、美しいことで知られる種類が天然の捕獲と水槽飼育ではさまざまな交雑で維持が難しかったのが、幸か不幸かこの養殖で純血種として確立し、人気を集めています。
多彩な美しさで知られるアジアアロワナの種類は細かく分類しだすと限りないのですが、基本的には、5種類になります。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』です。
これらの養殖アジアアロワナの体内にはすべてマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。日本の国内における売買も届出制となっています。
養殖できたとは言えども、そういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。